2020年はこのシャンプーでスタート!頭皮環境を改善して育毛に励め!

大学生のAGA治療10日目【内服薬】

AGA治療経過報告
スポンサーリンク

こんにちは。ハーゲルです。

この夏はすごい暑さですね。暑いと抜け毛が増える傾向にあるらしいので私にとってはあまり好ましい季節ではありません…。汗で髪が滴ってハゲが見えてしまうので早く夏が過ぎてほしいとずっと願っています。

さて、ミノタブとフィナステリドによる治療を始めてから10日が経ちました。これまでに感じた変化を書いていきます。

スポンサーリンク

抜け毛の増加

毎日欠かさずシャンプーをしているのですが、ふとここ数日の抜け毛が増えていることに気がつきました。シャンプーして指にまとわりつく毛の量に違和感があったためです。「あれ?抜け毛こんなに多かったっけ?」と思うようになり、内服薬の初期脱毛が始まったのだと気がつきました。

抜け毛の量には個人差がありますが、私はこの日シャンプーだけで30本くらいは抜けていたと思います。不安になり調べたところ、初期脱毛になる時期は大体、薬の服用開始から2週間くらいで、初期脱毛が終わるのが初期脱毛開始から1ヶ月くらいとのことだったので、これから最低1ヶ月は脱毛に耐えなくてはいけないようです。

また、冒頭でも述べましたが夏のような暑い時期には脱毛が多く、初期脱毛にも影響するらしいです。つまり通常の初期脱毛よりももっと抜け毛が多いのだとか…。もしも内服薬を考えている人がいれば、夏の終わりから飲み始めることをお勧めしておきます。

生え際の産毛

朝起きて髪をたくし上げ、生え際を毎朝確認しているのですが、この日初めて生え際の産毛に気がつきました。

分かるでしょうか?写真だと見えないかと思いますが、細かい産毛が生え際にちらほらあるのです。これが育ってくれれば生え際問題は改善されるな…と希望を持てるようになりました。

正直、初期脱毛は恐ろしいですが、抜けた分以上に生えてくると思えば気が楽になります。また産毛の存在も私に薬を継続させる希望となりました。

副作用

現時点で副作用は全くありません。

動悸、性欲減退、多毛症、何も問題なしです。

そもそも副作用ってネットで話題に上がるほど酷いものは稀ですよね。

若い人は特に副作用なんて何も気にせず内服薬を飲んでも滅多なことでは問題はおきません。

みなさんには是非、生え際が後退する前に治療を開始してほしいものです。

AGA治療経過報告
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ハーゲルをフォローする
スポンサーリンク
ハーゲルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました