10代以下で薄毛に悩む人は2.8%! 若ハゲに悩み始めたときにとるべき行動一覧!

海外のAV男優・AV女優はなぜ下の毛を剃っているの?驚愕のアンダーヘア事情が明かに!

除毛&脱毛
スポンサーリンク
ハーゲル
ハーゲル

こんにちは!世の中にAVを見たことのないまま大人になる人がいるのか、気になっているハーゲルです。

アダルトビデオ、通称AVは男性なら特に、女性でも興味本位で見たことのあるという人は非常に多いですよね。市場もかなり大きく、その需要の高さが伺えます。

AVを日常的に見ている人も、そうでない人も、1度は海外のAVを目にしたことはないですか?その時こう思ったはずです…

若干禿太郎
若干禿太郎

え、こいつら下半身ツルツルやん…

そう、海外のAV、特にアメリカや西洋のAVは下の毛を剃ることが文化的な風習となっています。日本人からしてみれば、「いや、ツルツルは違和感ありすぎて無理…」という人もいれば、「これはこれでむしろ良い」という風に賛否両論ありますが、海外ではこれが一般的になっています。

しかし、下の毛を処理するAVは一体いつから、どんな理由で始まったのでしょうか?今回の記事ではアメリカの下の毛事情についてお伝えします。

スポンサーリンク

AVのアンダーヘア事情の歴史

最古のAV動画

世界で1番最初にAVが出されたのは1896年と言われています。というのも、1985年に「motion picture」という動画技術に革新が起こり、映像を制作する難易度が下がりました。そして、その翌年にはもうAVを出す人が現れたようですね。

ハーゲル
ハーゲル

いやぁ手が早い笑

人類のエロスに対する執着は昔から変わらないようです…。そして、残念ながら当時のアンダーヘア事情はこの時点では不明です。

1990年代での転換

最初からアメリカのAVがアンダーヘアに厳しかった訳ではないようです。1970〜80年代には「体毛は屈強な男らしさの象徴」とされていたので、この頃には多くのAV男優が「口ひげ」や「胸毛」「脇毛」を意図的に自然のまま残して撮影を行っていました。

1990年代に入っても、まだ女性が下の毛を綺麗に、完全に剃るという考えはまだ普及しておらず、1部のフェチの方にしかウケませんでした。

しかし、その後の10年でアンダーヘア事情は大きく変わりました。下の毛をお手入れする、又は全部剃ることが少しずつAV業界で普及してきたのです。1990年代の終わり頃にはもうほとんどのAV男優・女優は下の毛を剃ることが当たり前になり、逆に毛が生えたままだとフェチの扱いになりました。

ハーゲル
ハーゲル

この10年で何があったんだ…

毛の処理の方法は様々で、ワックス、レーザー、剃刀による脱毛などがあり、特に決まりはなかったようです。現役ポルノスターのKasey Warner氏はアダルト映画業界に参入した当時、「恥骨から上だけに毛が生えていた」と語っています。それほどAV業界で脱毛が重要な要素になったのですね。

現在

アメリカのAV業界において、監督やプロデューサーが毛の処理を行っている女優しか受け入れていないという話はまだあります。 中には、下の毛を剃らなかったために男優から共演を拒否されることもあったAV女優がいたほどです。

しかし、このアンダーヘアに対する厳しい風潮は終わりつつあります。近年では、下の毛の処理を理由にAV女優として受け入れないという監督の数は減っており、そのような規則も少なくなっています。更には、男優・女優ともに体毛を生やして撮影を行うことも監督により推奨されることもあります。

なぜ今になってまた下の毛を気にせずに撮影を行うようになったのでしょうか?

このことについて、多くの外国のポルノスター達は、「それが単なる周期的なトレンドの一部にすぎない」と想定しています。

最近はみんな、近代型AVによくある、アンダーヘアの処理された男優・女優にうんざりしているんだ。だから、また以前のような体毛の処理を行わない動画への嗜好に戻っている。あと、現在では社会的に身体的特徴にセンシティブな面があって、【自分の体、陰毛、脇毛、脚の毛の画像をネットに投稿する事で「社会的に受け入れられる」こと】について議論している人々が非常に多い。この影響も少なからずあるだろう。

VICEから引用

そもそも下の毛を剃る理由

実は、下の毛を処理する理由については明確にはわかっておりません。しかし、いくつかの仮説はあります。

◾️AVの撮影現場で実用的だから
しっかりと脱毛することにより、生殖器をカメラで映しやすくなります。そのため、AV男優女優共に陰部を剃ります。また、こうする事により男性の生殖器を大きく見せる役割もあるようです。さらに、大量のシーンを撮影する際に、股をきれいにしたり、下の毛によるトラブルを防ぐのが容易になります。

◾️偶然その年代のトレンドだったから
毛があることが力強さと男性らしさだったような古い価値観から一転して、毛を剃ることが社会的規範であり、力の象徴であると思われるようになったということです。

まるでファッションのトレンドの様に、90年代初期から後期にかけて、主流の映画スターや芸能人に下の毛の処理が普及し、大衆の性的嗜好にも影響を与えました。しかし、AVが映画スターや芸能人に影響を与えたのか、はたまたその逆かは不明です。要するに単純にそういう性癖の人がこの時多かったのです。

ハーゲル
ハーゲル

個人的には実用的説を推します

しかし、このトレンドも変わりつつあり、ここ10年で少しずつ下の毛を処理しないAV男優・女優を起用した映像も増えているようです。アメリカのAV監督であるリリー・キャンベル氏によると、「この先数年以内には、AV女優の30%〜50%の人が下の毛を処理せず映像に出るようになる」と語っています。

海外では一般人も下の毛を剃っているの?

海外AVの女優・男優がツルツルの人が多いからといって、一般人も同様であるとは限りません。

アメリカのウェブサイトでは、18歳〜35歳の男女4000人以上に「下の毛事情」についてアンケートが行われました。

◾️どの程度下の毛を処理しているか

処理の程度男性女性
自然なまま10%6%
全て剃る17%57%
特定の部分を残す2%7%
適度に剃る69%25%
その他3%5%

Cosmopolitan

男性は多ほとんどが適度に毛を処理する程度ですが、女性は半数以上が毛を全て剃っていますね。なかなか高い数値です。しかし、次に多いのが「適度に剃る」の項目です。

結論は、全員ではないが、約半数の女性が下の毛を全て処理しているという結果に落ち着きました。しかし、それにしても全剃りしている女性はまだ多いようですね。

下の毛を剃るリスク

下の毛の役割については明確に明らかになってはいませんが、敏感な部分の肌の擦れを軽減してくれたり、フェロモンの匂いを溜め込むための名残として今も残っていたりと様々な説があります。

「よく分かってないなら全部抜いてもいいじゃん。邪魔だし。」

という方はちょっとお待ちください。シェービングやワックス脱毛を行うと、怪我や感染を引き起こす可能性があります。一番敏感で弱い部分ですので、丁寧に扱ってください。

もし自分の下の毛が処理したくなったら、適度に短くすることをお勧めします。下の毛全ての脱毛を考えているのなら、自分で行わずにクリニックで行いましょう!

【宣伝】 メンズ専用・薬用除毛クリーム【プレミアムリムーバー グート】

プレミアムリムーバー グート

薬用除毛クリーム【プレミアムリムーバー グート】は楽天市場ランキング・Yahooショッピングで売り上げ1位の2冠を達成しているメンズ用除毛クリームです。

◾️塗って
◾️5分待って
◾️拭いて洗い流すだけ

で終わり、非常に手間が掛からないため入浴の時間にすぐ終わります。腕や脚、デリケートゾーン付近のムダ毛に悩まされている方におすすめの脱毛クリームですのでぜひ使ってみてください!

ただし、デリケートゾーンへの使用は推奨されていません!大事なところに塗らないように!

また、この脱毛クリームには多くの特徴があります。

【肌に優しい】
【非常に高い除毛力】
【美容成分配合で肌もツルツルに】
【保湿成分配合で肌をしっとりキープ】
【マンダリンオレンジの香りで心地よい】
【手でそのまま塗れるので使いやすい】

特に使いやすさと除毛力には力が入っており、どんな剛毛でもしっかり除去してくれます。これを機に気になる場所を脱毛して、毛の煩わしさから解放されてみませんか? きっとスベスベの肌を気にいると思います!

商品の詳細を覗いてみる

除毛&脱毛
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ハーゲルをフォローする
スポンサーリンク
ハーゲルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました