2020年はこのシャンプーでスタート!頭皮環境を改善して育毛に励め!

【驚愕】週〇〇時間以上仕事をする人はハゲる確率が2倍になると研究で明らかになる

ハゲ速報
スポンサーリンク

仕事のよるストレスと薄毛の関係というのは以前から知られており、ストレスを溜めすぎると薄毛になってしまうと言うことを知っている人は結構多いと思います。

仕事と薄毛の関係についてはここ数年でいくつもの研究が進められており、特に夜勤をしている人、高収入の人(つまり激務の傾向にある人)は薄毛が進行しやすいということがわかっています。

そして今年、なんと韓国から新しい研究成果が発表されました。内容は、週に52時間以上(例 : 月〜金まで1日10時間以上)働く人は、週に約40時間(例 : 月〜金まで1日8時間)働く人よりも2倍の確率でハゲやすいというものです。

今年発表されたばかりのこの研究は4年にも渡り続けられており、信憑性のある情報なので、以下で簡単に解説していきます。

スポンサーリンク

実験概要

今まで仕事時間その健康への影響に関する研究はたくさん行われてきました。

しかし、仕事時間と薄毛の関係については「なんか仕事のストレスが薄毛の原因になるみたいだね」という程度しか分かっておらず、具体的にどのくらい仕事をするとストレスでハゲ始めるのかは不明でした。

そこで今回の研究がそれを解明しようと動いたわけです!

実験手法

実験対象・13391人の薄毛治療を行っていない男性
実験方法・不定期アンケート、聞き取り調査
評価項目・毎週の勤務時間、勤務形態
・薄毛の進行度
・社会的立場(年齢、結婚しているか、学歴、収入など)
・生活習慣(タバコ、酒、運動など)
評価方法統計ソフトにより上記項目を評価

結果

結果として分かったことはいくつかあります。

  • 働いている時間が長いほど収入が多い
  • 働いている時間が長いほど運動をしていない
  • 働いている時間が長いほど社会的立場や生活習慣に関係なく薄毛に進行率が上がる
  • 特に30代の男性が働く時間に応じてハゲやすい

そして、週に52時間以上働いている男性は特に薄毛の進行度がほとんどの年代、生活習慣をしていても早まっているという事がわかりました。

考察

実験の責任者であるKyung-Hun Son博士によると、「この研究で、働く時間が長いほど薄毛の進行度も高くなることが証明された」と語っています。

また、薄毛の進行が始める20代、30代のうちから仕事によるストレスで薄毛が本来よりも早く進行してしまうことを危惧して、社会的に仕事の効率化を進め、仕事にとらわれないようにする社会体制が必要だとも述べています。

実は人間に限らず、猿やネズミでもストレスでの薄毛進行が確認されています。ストレスが如何に髪の毛包にダメージを与えるかが分かりますね。

また、今回の実験では女性の被験者が1人もいませんでした。男性とは勤務形態や生活習慣の異なる傾向のある女性において、同じ結果が出るかは不明です。

ストレス性の薄毛

ストレス性の薄毛は、遺伝的な薄毛とは違います。

遺伝的な薄毛は、右図の上のように後頭部以外がハゲます。後頭部は遺伝的な影響を受けづらいので毛は健在です。

対して、ストレス性の薄毛は頭部全体の薄毛を進行させます。遺伝的な薄毛に強い後頭部さえもストレスには勝てないのです…

今回の研究では、ストレス性の薄毛と遺伝的な薄毛の区別については述べられていませんが、働く時間に着目した、薄毛に関する卓越した研究であることには変わりありません。

しかし、遺伝的な薄毛とストレス性の薄毛が同時に侵攻することは十分あり得ます。

ストレス性の薄毛をきっかけに遺伝的な薄毛も早まってしまわないように、ストレス管理には十分注意して下さい。

ストレス性の薄毛は生活習慣の改善や、正しい治療により完治させることができますので、もし心当たりのある方は病院へ行くか、生活習慣の見直しなどを心がけてください。

また、リアップのような育毛剤はストレス性のハゲに対しても効果があるので、これを用いて薄毛を回復させることも可能です。ただし、生同時に活習慣の改善もしっかり行ってください。医薬品を使うだけでなく、心と身体を大切にするのが一番の髪の毛を守る方法です。

【第1類医薬品】リアップX5プラスローション(60mL)[ケンコーコム]【リアップ】[ミノキシジル 発毛剤]
created by Rinker
¥7,751 (2019/11/14 17:46:24時点 楽天市場調べ-詳細)
ハゲ速報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ハーゲルをフォローする
スポンサーリンク
ハーゲルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました