【完全ガイド】ハワイのザ・バス&トロリーを解説!格安の移動手段を使ってお金を節約しよう!

スポンサーリンク
ハワイ
スポンサーリンク

ハワイはいくつかの島で構成されていますが、中でも1番栄えているのがオアフ島です。多くの人が集まる西のダウンタウン、静かで美しいノースショア、ダイヤモンドヘッドのある南部、天国の海とも言われる東のラニカイビーチと、東西南北全て観光名所です。

しかし、ハワイは意外と広いために移動手段をしっかりと把握しておかないとスムーズに観光することができません。

また、高額なタクシーやUberを使ってお金を無駄にしてしまうのも非常にもったいないです。多人数でタクシーの金額をシェアするならともかく、1〜4人くらいの旅行ならまずタクシーやUberは使わない方がいいでしょう。

今回の記事ではハワイを観光するにあたっておすすめのバスと、バス移動をマスターするのに必須のスマホアプリについて紹介します。

スポンサーリンク

The Bus

おすすめの移動手段の一つがオアフ島最大の公共交通機関である「The Bus」です。オアフ島ほぼ全域をカバーしており、観光名所はこのバス1種類で足りるほど。

とにかく交通手段に悩んでいるならこのバスを使用することをおすすめします!

バスの料金

このバスの特徴の一つが運賃の安さです。

片道【シニア: 65歳以上】$2.00
【大人: 18歳以上】$2.75
【子供: 6歳〜17歳】$1.25
【幼児: 5歳以下】無料
1日乗車券【シニア: 65歳以上】$2.00
【大人: 18歳以上】$5.5
【子供: 6歳〜17歳】$2.5
【幼児: 5歳以下】1人まで無料

片道何駅でも一律$2.75で、更に1日乗車券については$5.5と破格の安さです。その日をバスで移動する場合には迷わず1日乗車券を購入しておくといいでしょう。

ちなみに、1日乗車券はバスに乗るときに運転手さんにお金を払い、直接もらいます。どこかで発券する必要はないので当日はきっちり$5.5を渡して1日乗車券を貰いましょう。

バスのルート

オアフ島全体をざっくり見ると、かなり広範囲でバスが運行されています。観光名所へのアクセスはザ・バス一つで全然問題ありません。


更にワイキキエリアをよく見てみると、かなり細かくバスが移動していることがわかります。自分の滞在先のホテルの近くや、観光先の近くまでバスで行くことができるので、歩く時間を減らしてかなり快適な旅行ができそうですね。

もちろん、ワイキキエリアだけでなく、他の場所も同じようにバスが様々なルートで通っています。

ハーゲル
ハーゲル

ザ・バスさえマスターしておけばハワイ旅行は大丈夫そうですね

乗りたいバスの探し方

全てのバスが同じ道を通るわけではなく、それぞれのバスに異なるルート設定があります。バスのルートはそれぞれ番号で表されており、「番号 最終目的地」という感じでバス本体に書かれています。

バスに乗るに当たってまず一番初めに行うべきことは、目的地に行く為に何番のバスに乗る必要があるのかを調べることです。英語で調べるのが1番確実なのですが、今の時代はだいたいネットで「ハワイ 〇〇 行き方 バス」と日本語で調べれば出てきます。

次に行うことは、使いたいバスの止まるバス停を探すことです。Googleマップでも探せるのですが、実はもっと簡単に近くのバス停と、バス停の時刻表を調べることができるスマホアプリがあります。これについては以下で記述します。

最後に、バスに乗って目的地まで大人しく座りましょう。車内では外を眺めるなり寝るなり、適当に友達と喋るなりして大人しくしていましょうね。飲食は禁止されているのでご注意ください。

必須スマホアプリ

バス停と、乗りたいバスを探すのにめちゃくちゃ便利なのが以下の2つのアプリです。何方かが入っていればまず間違いなくバスを調べるのにかかる手間がなくなり、移動が楽になります。

◾️Transit Tracker – Oahu

バスを利用するにあたって、必ず役に立つのが「Transit Tracker – Oahu」というスマホアプリです。GPSマップのように自分の位置を示してくれるだけでなく、自分の周辺のバス停の位置や、そのバス停の時刻表を示してくれます。

これによって、周辺のバス停情報が簡単にわかるのでかなり重宝できますね。更に、時刻表にあるこれからバス停に泊まるバスのルートまで確かめることができます

〇〇番時刻表を見て、「〇〇時〇〇分に〇〇番のバスがくるのか…でもこの番号のバスってどこに行くんだっけ?」と忘れてしまったときにすぐに確認することができます。

◾️Da Bus2

こちらのアプリはTransit Trackerよりも評価が多く、よく使われています。こちらの方が使いやすいという人が多いみたいですね。

機能はおおよそ同じものなのですが、バス停の表示される範囲やバス情報の見やすさという面でこちらの方が優れているという意見が多いです。

ハワイ旅行に行く際にはとりあえずこの2つのアプリを入れてみることをオススメします。自分に合った方を使って観光を楽しみましょう!

注意点

◾️お釣りは一切出ない
お釣りは一切出ません。間違えて大きな金額を投入しないようにしましょう。

◾️乗車する際は運転手に見えるようにバス停に立つ
バスに乗るそぶりを見せないとバスが通り過ぎてしまうことがあります。目的のバスがバス停に向かっているのを確認した瞬間しっかりバス停付近で待機して乗る意思を見せましょう。

◾️降りる時はヒモを引っ張って合図する
日本のバスとは違い、降りる時には降車ボタンがありません。そのかわりバスの側面に紐があるので、それを引っ張ってください。それが日本で言う降車ボタンの役割を持っています。

◾️飲食禁止
一応バス内は飲食禁止となっています。実際には全然飲み物を飲んでいるひとはいて、特に何も言われていない様子でしたが、念のため飲食は控えるようにしましょう。

スポンサーリンク

LeaLeaトロリー

LeaLeaトロリーは主にダウンタウンあたりを15分刻みで走っているバスで、運行本数とルートが多いことでかなり便利です。

ダウンタウン周辺だけでいえばザ・バスに匹敵する便利さですが、あまり安価ではないのでザ・バスほどお勧めはできません。

ただし、H.I.Sのツアーでハワイに行く人は無料で全て使用できます

ハーゲル
ハーゲル

私はツアーでハワイに行ったのですが、トロリーが全部無料で使えてダウンタウンや近場の移動がめちゃくちゃ便利でした。

もしツアーでハワイへ行く人は、是非トロリーが無料なので活用してください!

スポンサーリンク

タクシー&Uberは料金が高い

基本的にハワイでタクシーやUberを使用して移動するのはお勧めしません。というのも、バスと比べて圧倒的に高いからです。

例えばダウンタウンからラニカイビーチまでの移動費用を比べると、バスの1日乗車券が$5.5に対してタクシーやUberはラニカイビーチまで片道$55〜$75もかかります。往復で考えると$110〜$150です。

ハーゲル
ハーゲル

もうこれはバスに乗らない理由がないですね…

もちろん、タクシーやUberは多人数でシェアして料金を割って安くすることができますが、それでもバスの安さには敵いません。

また、タクシーやUberは呼べばすぐに乗車できるメリットはありますが、バスは1日を通してそれなりの本数が出ているので、しっかりと計画を立てればスムーズに移動することもできます。

移動には断然バス一択です。

スポンサーリンク

ハワイのザ・バス&トロリー移動まとめ

以上、ハワイのおすすめ公共交通をまとめました。なんと言ってもザ・バスがめちゃくちゃ優れているので、ハワイに行った際には是非バスを使用して色々な場所を観光してみてください。

お金を節約して、ハワイを最大限楽しみましょう!

ハワイ
スポンサーリンク
シェアする
ハーゲルをフォローする
スポンサーリンク
ハーゲルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました