2020年はこのシャンプーでスタート!頭皮環境を改善して育毛に励め!

【バイト体験談】大学生が居酒屋アルバイトをやめるべき5つの理由

大学関連
スポンサーリンク

大学生になってからどんなアルバイトをしようか悩む人は多いと思います。そして居酒屋なんかは授業終わりの時間から始められるし、時給もまあまあいいところが多いためにバイトの候補先として考える人は結構いるのではないでしょうか。

私はこの記事を書いている現在進行形で居酒屋バイトをしています。個人経営というかフランチャイズという形態で店長が居酒屋を営んでいるのですが、声を大にして言いたい。「居酒屋はやめておけ」と。

今回は約2年間居酒屋でアルバイトをしている私が、居酒屋アルバイトをオススメしない理由をお伝えします。バイトを選ぶ参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

理由1 客の層が悪い

この理由が最も強力です。

居酒屋にはさまざまなお客さんが来ますが、都会だとか地方だとかに限らず客の層が悪い人に出会ってしまうことが多いです。全員がそうではありませんが、1人で来る客、友人と来る客は特に言動の悪さが目立ちます。

このようなお客さんは酔っ払う以前にマナーが悪く、

  • 店員にタメ口
  • 食べたいものがお店にない時に文句を言う
  • 食べ物をこぼす
  • 食べ物を残す
  • 騒いで他のお客さんに迷惑をかける

というような点が目立ちます。居酒屋でハメを外したい気持ちは分からなくもないですが、他人を不愉快にさせるような言動くらいなんとかならないものでしょうか。

このような人たちの接客をしているだけでグチグチ文句を言われるのでとても疲れます。時給1200円でも割に会いません。

理由2 店長がルール

どこの飲食店もそうかも知れませんが、店長がお店のルールです。店長の決め事には従うしかありません。

突然新メニューを追加したり、価格を変更したり、よく分からない面倒なサービスを追加したり…。全てお店の売り上げを伸ばすためにやっている事とは分かっているのですが、タイミングと頻度を適切に管理しないとアルバイトはついて行けません。

特に個人経営、フランチャイズの居酒屋を営んでいる店長は好き勝手やる人が多いです。

また、これは普通の居酒屋も同じかと思いますが、お客さんの言動をどこまで許すかも店長のさじ加減によります。つまり「どの程度迷惑をかければお店を出禁になる」といった事を店長が決めるので

  • アルバイトに迷惑をかけるお客さんでも、店長と仲がよければ出禁にしない
  • 迷惑をかけるお客さんでも、よく飲み食いしてお金を落としてくれるお客さんは出禁にしない

というようなご贔屓があります。アルバイトからしたら早く出禁になってくれというお客も店長の決定一つで出禁にならずに済んでしまうので大変です。

上司の決定に意見を出せないのは社会人になっても同じなのでしょうか。嫌ですねぇ…

理由3 女性アルバイト目当ての危険な客が多い

居酒屋のアルバイトはコミュニケーション能力の高い人が多いです。さらに、コミュニケーション能力の高い人は容姿も良く自信に満ち溢れている傾向が高く、居酒屋アルバイトの若い女性目当てに来るお客さん(おじさん)が非常に多いです。

そういったお客さんはなんとか女性アルバイトと話をしたい一心で注文を受けにいく際や品物を出す際によく話しかけてきます。「かわいいね」「彼氏はいるの?」「大学生?」「連絡先おしえて」「家近いの?」それセクハラだろって言葉も平気でガンガン攻めてきます。

私は男性アルバイターとしてこういう現場は見過ぎせませんし、これが嫌になって居酒屋をやめた女性を何人も見ています。中にはさり気なくボディータッチする人もいるので女性にとっては特に辛いと思います。安易に注意して逆ギレされても困りますからね。

店長に特定の女性アルバイトのシフトを聞いて(答える店長も悪いですが)、特定の女性アルバイトに粘着しているお客さんもいます。

居酒屋をガールズバー代わりにくる人が多いのでしょうね。そういう人たちはガールズバーに行くお金もない底辺のような人たちなのでアルバイトにとって害悪としか言いようがありません…

逆に男性アルバイトに対しては関心のないお客さんが多いです。しかし、女性アルバイトがいない日には何故か「今日は可愛い女の子いないのかよ〜誰か連れてこいよ」文句を言われたりするので受け流しています。

理由4 人間の汚いところを見てしまう

お酒を飲むと人間の本心が出る、話が弾むというように、居酒屋にいると嫌でもお客さんの話し声が聞こえます。中には相当ゲスい話をしている人もチラホラいます。

そういった話を聞いているうちに人間の汚さみたいなのがすごく分かってしまいます。特におじさん達は不倫・浮気・キャバクラ・風俗の話が大好きで聞くに耐えない話ばかり耳に入ってきます。知りたくもないようなことを知ってしまうのも居酒屋アルバイターの宿命です。

女性客は女性客で同じように普通の世間話からゲスい話まで色々しています。ただ、おじさんたちの話よりは多少はマシかな…という程度ですね。

理由5 酔っ払いに絡まれる

居酒屋でアルバイトすると酔っ払いに絡まれることが必ず一度はあります。

酔っ払って理性がどこかへ飛んで行ってしまった客は本当に面倒です。接着剤のようにくっついて離れません。離れようとすると腕や服を掴んできたり、道を塞いだりしてきます。邪魔以外の何者でもないですし、ひたすらに粘着されるのは精神的に疲れます。他の仕事もできないので非常に迷惑です。こうなったら店長を呼ぶか、無理やり離れるかするしかありません。

しかも絡まれて罵倒を浴びせられた日にはこちらも思わず言い返してやりたくなります。ここは落ち着いて店長にすべて任せましょう。変な客にこちらが怒る価値もないのです。

居酒屋バイトがしたければ

居酒屋バイトの嫌な部分を述べましたが、やはり働く時間帯が夕方から夜とアルバイトをするのにちょうどいいことと、時給が比較的高い事は魅力的です。しかし、もしアルバイトがしたいなら

  • 話を受け流す力
  • 営業スマイル

の2つのスキルはあった方がいいです。特に女性はセクハラがきついと思うので軽く流せるくらいのメンタルは持っておきましょう。

居酒屋は嫌な客だけではなく、もちろんいいお客さんもいます。ただ、よくない人たちが来る確率が他のアルバイトよりも高いのです。居酒屋で働く事で逆に接客や話の受け流し方、コミュニケーションスキルを身に付けたい!という人にとってはいいかもしれません。

嫌になったら溜め込まずに辞めてしまいましょう。ストレスの元とは早めにおさらばです。大学生はそういうことが簡単にできるので、自分のためにしっかりとやめ時を見極めてください。

大学関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ハーゲルをフォローする
スポンサーリンク
ハーゲルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました