シンガポール観光おススメ①【ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ】を徹底解説!たくさんの写真で魅力を語る

スポンサーリンク
シンガポール
スポンサーリンク

シンガポール観光といえば一度は耳にするのが「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」です。

簡単に説明すると、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイとは東京ディズニーランド2個分以上の広さを誇る巨大な植物園です。広大な自然の中で植物に癒されたり、滅多に見れない美しい植物を観ることはもちろん、植物園内で食事やショッピングも楽しむことができます。

今回は実際にガーデンズ・バイ・ザ・ベイへ行ってきた私が、その魅力を数々の写真と共にご紹介いたします。

スポンサーリンク

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの施設紹介

はじめにガーデンズ・バイ・ザ・ベイについての簡単な説明をさせて頂きます。

ロケーション&アクセス

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、観光客の宿泊先や観光地の多いダウンタウン(赤い四角で囲った部分)の近くにあるため、非常にアクセスが良いです。

ちなみに赤丸で囲った部分が空港です。シンガポールは国土面積が東京都と同じくらいのため移動時間が少なく、非常にコンパクトで観光しやすいです。

メトロ(MTR)でのアクセス

  1. Bayfront MRT Station (CE1/DT16)で降りる
  2. 改札口B(Exit B)から出て、そのまま地下通路案内をたどる
  3. 案内通りに進み、地下から出てすぐの橋を渡ればガーデンズ・バイ・ザ・ベイに到着

主要施設情報

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは殆どの場所が無料で楽しめる良心的な場所ですが、一部施設は有料です。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ 5:00am – 2:00am
・植物園自体は無料で入れ、様々な場所が無料で楽しめる。
フローラルファンタジー9.00am – 9.00pm
・有料施設(大人20$、子供12$)
クラウドフォレスト9.00am – 9.00pm
・有料施設(大人28$、子供15$)
フラワードーム9.00am – 9.00pm
・有料施設(大人28$、子供15$)
スーパーツリーグローブ9.00am – 9.00pm
・スカイウェイの歩行は有料(大人8$、子供5$)

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの魅力

  • 無料で充分楽しめる
  • 有料施設はお金を払う価値あり
  • 夜はナイトショーが綺麗
  • 植物で癒される

広大な面積を持つガーデンズ・バイ・ザ・ベイですので無料施設だけでも充分な楽しめるのですが、やはり有料施設はお金を払っていく価値のある場所です。

この記事では特にフラワードームとクラウドフォレスト、スーパーツリーグローブについて詳細を写真とともに語っていきます!

スポンサーリンク

クラウドフォレスト(Cloud Forest)

施設の中に入るとまず目にするのは超巨大な滝!この辺りは霧と空調のおかげかとても涼しく快適です。

近くで見てみると圧巻ですね…!この位置まで来ると結構濡れてしまいます笑 よく見ると滝の裏側にも通路があります!実はここも通れるんです。

滝の裏側へ移動!ここからエレベーターに乗って滝の上へと登ります!

この施設はガラスのドームで囲まれているのですが、隙間から見える外の景色も美しいです!奥に見えるのはマリーナベイサンズ!

滝の上へ到達!今度はこっちが見下ろす番になりました笑笑

ウツボカズラの群衆地帯へやってきました。よく耳にする植物ですが植物園くらいでしか見ませんね。

食虫植物がわんさかいます!しかもレゴブロックでウツボカズラ作っている…!

なんだこの花!!すごい綺麗…

こちらの花もなかなか負けない美しさです。どこに普段咲いているのでしょうか?

ここは楽園ですか?水面の反射がとても美しいです。鏡写しの別世界があるようですね。

これは可愛い…いくつものガラスの中に小さなお庭があるようです。よくクリスマスに売っているスノードームみたいですね。

高所恐怖症の方は注意!めっちゃスリルのある場所に来ました。ここからの眺めは絶景です。

空中の橋からは絶えずミストが出ていて植物に水を与えています!こっちも涼しい!

植物園の中だけではなく外側も結構いい眺めです。

私の歩いてきた場所の全体像はこんな感じです。巨大な植物で覆われたタワーの周りをぐるぐると下ってきました。

滝の上からのウォークだけではなく、一階フロアも植物がたくさんあって癒されます。

クラウドフォレストはこの他にも暗い洞窟のようなひんやり涼しい場所もあり、自然好きには堪らない環境です。特に滝の上からのウォーキングはスリルもあり、知らない植物にもたくさん会うことが出来るので是非一度行ってみてください!

スポンサーリンク

フラワードーム(Flower Dome)

フラワードームは超巨大な屋内植物園です。気温が一定に保たれており、繊細な植物が多く見られます。

植物だけでなくこんなモニュメントもあり、テーマパークへ来たような気分です。

こちらは乾燥地帯です。アロエが沢山生えてますね。そして小さなウサギも発見🐇

こちらの木に咲いている花、近ずいてみるとかなり大きいです。こんなに大きな花咲くんですね。奥に見える赤い建物はなんでしょうか?とても伝統的に見えます。

木の根元に生えていたオレンジ色の花も向日葵みたいで綺麗でした。

サボテンゾーンには自分の背よりも高いサボテンがあってビビりました笑 こんなのが野生でも生えているのでしょうか。

フラワードームは季節や行事によって内部の装飾が違うのですが、この日は伝統的な装飾で統一していたようです!

通行路周りの植物も綺麗なデザインで素晴らしいですね。

出入り口付近で綺麗なバラ発見!思わず写真を撮ってしまいました。

フラワードームは様々な植物ゾーンに分かれていて一度に世界中の種類の植物が見られます!さらにドーム内部の装飾も時期によって色々変わるので、一度訪れたことがある人でもまた違う雰囲気を楽しむことができます。ドーム内の気温は涼しめに設定してあるので休憩場所としても是非行って欲しい場所です。

スポンサーリンク

スーパーツリーグローブ(Supertree Grove)

スーパーツリーグローブは高さ25m~50mにもなる大樹を模した建造物です。写真に見えるようにツリーの間を通る空中の橋を渡ることができ、そこから眺める景色は絶景です!

このツリーがある広場は無料で開放されていますが、空中の橋を渡るスカイウェイは有料ですのでご注意ください。しかし、大人でも8$と良心的な値段です。

スポンサーリンク

無料でも充分楽しめる!

有料施設は未知の世界に踏み込んだようなワクワクするデザインで非常によく楽しませてくれますが、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは非常に広大な植物園ですので有料施設に行かなくても充分に歩き回って観光することができます。

ただ歩いているだけでもとても癒される場所ですので、旅行の際には是非訪れてみてください!

シンガポールランキング&マル得テクニック!(2018-19) 特集:誰よりも絶対得する最新裏ワザガイド262 (地球の歩き方ムック)
created by Rinker
¥869 (2020/06/03 03:38:45時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました