睡眠不足は薄毛と抜け毛の原因!医学的根拠と一緒にその理由を詳しく解説

ヘアケア
若干禿太郎
若干禿太郎

大学のレポート終わらなくて徹夜しちゃったわwww

ブラックサラリーマン
ブラックサラリーマン

残業当たり前で朝6時には家を出る…全然寝る時間ない…

ハーゲル
ハーゲル

そういう生活をしているとハゲやすくなります。睡眠不足は薄毛の原因にもなるんですよ…!!

やりたいことがたくさんあったり、やらなきゃいけないことがあったりと、日頃忙しい中で切羽詰まった時に犠牲にしがちな時間がありますよね…それは「睡眠時間」です。

基本的に人は睡眠を行うことにより精神的・肉体的なケアと脳のリフレッシュの両方を行うことが可能とされています。睡眠時間を削った翌日は体調面で気分が優れないことも少々ありますが、髪にはどのような影響があるのでしょうか?

今回はそんな睡眠と髪の関係についてお話しします。

寝不足と薄毛の関係

薄毛・ハゲというのは遺伝的な要因が大きく、睡眠不足に原因のある薄毛はそんなに多くはありません。しかし、睡眠不足が薄毛に影響を与えるのは事実です。

もし薄毛が気になっているのなら、睡眠をしっかり管理して薄毛対策をするようにしましょう。

睡眠と成長ホルモンの関係

睡眠不足によってこの薄毛の遺伝子に影響を及ぼすことはありませんが、ホルモンバランスを崩す事はあります。日々の睡眠では、成長ホルモンが分泌されます。そして勿論のことですが、睡眠が不足すると成長ホルモンの分泌にも支障が出ます

この成長ホルモンの分泌が髪の成長にも影響を及ぼすため、睡眠不足を繰り返すことにより髪が細くなってしまう事があります。なぜかというと、毛母細胞が分裂しないからです。

毛母細胞とは、髪の毛の根元にある細胞でこの細胞が分裂していくことで髪の毛が伸びていきます。しかし、睡眠不足になってしまうと、この毛母細胞への分裂活動も十分に行われなくなります。
このため、髪の毛がそもそも伸びようとせず、薄毛となっていくのです。

親和クリニック

睡眠の身体への影響に関する医学的な研究

National Heart, Lung and Blood Instituteという国際的な機関によると、睡眠が身体の内部の様々な機能にとってメンテナンスのような役割を持っていることが発表されています。睡眠を行うことで、身体は重要な脳機能と身体的機能の両方に良い効果を与えるのです。

睡眠の重要な役割

◾️健康的な脳機能の維持
◾️精神や感情の制御
◾️身体的健康の維持
◾️身体的パフォーマンスの向上

また、睡眠不足によりホルモンバランスが崩れるだけでなく、体内でさまざまな問題を引き起こされます。2017年に公表された研究では、睡眠不足により本来もっと未来に起こるはずだった遺伝的な身体の不具合や病気が早まって発症してしまうことも確認されています。

このことから、睡眠不足が身体に及ぼす悪影響は、発毛のプロセスにも影響を与える可能性が非常に高く、脱毛や薄毛に直接つながることが考えられます。

ハーゲル
ハーゲル

加えて遺伝的な薄毛が早まってしまうのは最悪ですね…

睡眠とストレスの関係

睡眠不足はストレス発生の原因にもなります。ストレスはハゲ・薄毛の原因として有名ですね。そしてストレスにより髪が抜けやすくなるだけでなく、最悪の場合には円形脱毛症のような脱毛症状を引き起こしてしまう事もあります。

ストレスが原因で引き起こされる脱毛症状

◾️休止期脱毛症
◾️円形脱毛症
◾️抜毛症

ストレスを原因とする脱毛症は基本的にストレスの元凶がなくなれば改善されます。つまり、どれも一時的ではありますが勝手に回復するわけではなく、髪の毛を回復させる為にはしっかりとよく食べて運動をすることが必要です。

理想的な睡眠時間は?

イングランドの睡眠協会によると18歳から65歳までは毎晩7〜9時間の睡眠をとることが推奨されています。もちろん、睡眠時間は人それぞれですのであくまで参考程度に考えていただいて大丈夫です。

また、日本の睡眠科学研究所によると、2014年の時点で日本人の平均睡眠時間は7時間43分で、世界主要国29カ国の中で韓国に次いで睡眠時間が少ないそうです。本当に日本人は全く寝ないんですね。ビックリしました…

日本人の多くは7時間以上の睡眠は取っているものの、世界的に見ると「睡眠不足の国」であると言えますね。

寝るときの注意点

7時間以上の睡眠を安定して取ることができれば良いのですが、それ以外にも注意点はいくつかあります。

・絶対3時間以上は睡眠をとる
成長ホルモンは、睡眠に入ってから30分~3時間の間が最も多く分泌されます。そしてその後徐々に減少していきますが6時間程度は分泌が継続されています。

このため、最低でも3時間以上、できれば6時間以上は継続した睡眠を取るようにしましょう。


・髪は乾かして寝る
お風呂から出て髪を乾かさず濡れたままの髪で寝てしまうと、雑菌やフケなどが発生しやすくなり、頭皮環境が悪くなるため薄毛の原因となります。

お風呂から出たら髪をしっかりと乾かしてから、寝るようにしましょう。

寝ないとハゲる? 睡眠不足だと薄毛になる原因とは

よく寝られても、6時間以内に起きてしまうと成長ホルモンの影響が十分髪に行き届かないかもしれませんので、最低6時間の睡眠時間は取れるといいですね。

よく眠るために実践すべきこと

寝不足だけどどうやったら上手く寝られるのか分からない!というあなたの為に睡眠を促すためのコツを伝授いたします。

  • 就寝数時間前はスマホなどの電子機器から離れる
  • 日中に軽く運動をする
  • 就寝前にストレッチする
  • 部屋を暗く、静かにする
  • 快適に眠れる気温にする
  • 遅くにご飯とアルコールを食べないようにする
  • ベッドマットを変えるなど、環境を快適にする
  • 寝香水をかけてみる
  • 毎晩の就寝ルーティーンを確立する
  • 睡眠用のサプリを取る
若干禿太郎
若干禿太郎

いろんな方法があるんだなぁ…

この中から自分に合った方法を探して、ぜひ快適な睡眠ができるようにしてください!

個人的なおすすめ

ちなみにですが、私は「香り」が好きなタイプの人間なので、個人的には寝香水を書けて寝るのが1番寝られます。いつぞや、ふと通販で購入したラベンダーの香水を枕に定期的につけているのですが、寝ている時にまるでラベンダー畑の中で眠りについているような心地よさがあります。

僅かに香るだけで全然違うので私は寝香水がイチオシです!!

まとめ

髪は就寝後に育つため、睡眠不足だと髪が育つ時間がなくなるだけでなく、逆に細くなったり抜けたりしてしまいます。

ストレスによる抜け毛も悪化すると負のループで大変ですので、しっかり睡眠をとってストレスフリー、抜け毛フリーな生活を心がけましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました