10代以下で薄毛に悩む人は2.8%! 若ハゲに悩み始めたときにとるべき行動一覧!

【カナダ留学】プリンスエドワードアイランド大学で友達を作る3つのチャンス

カナダ
スポンサーリンク

留学が上手くいくかどうかは「友達」によって左右すると言っても過言ではありません。

あなたが辛い時に話を聞いてくれる人、楽しい時に幸せを分かち合ってくれる人、一緒にショッピングや旅行に気兼ねなく行ける人の存在は留学生活を100倍楽しいものにします

そのため、日本での交友関係も、家族も何もない異国での生活で友達を作ることは非常に重要です。この記事では、プリンスエドワードアイランド大学に留学する方のために、友達を作る良い機会を紹介します。

スポンサーリンク

チャンス1 NSOイベント

NSOとはNew Student Orientationの事を指します。つまり、日本で言う新入生歓迎会のようなものです。

カナダは新学期が9月から始まるため、毎年9月の第1週目に行われていることが多いです。今年も例外なくNSOが行われ、その様子がNSO団体の方々によってYouTubeによってアップロードされました。

UPEI – NSO 2019

動画では切り張りの編集で何が起こっているのか具体的には分からないと思いますが、取り敢えず雰囲気だけ掴んでいただければと思います。

若干禿太郎
若干禿太郎

なんか凄くチャラい人たちに見えるけど、俺はここでやっていけるのだろうか…。不安になってきた…

問題はありません。日本も含め、どこの大学も新入生は派手に歓迎したくなるものです。その筆頭がウェイであるのは仕方のない事。それに、画面映えするのは派手にはしゃいでいる人たちだけなので動画に写ってはいませんが、実際には大人しい人も結構たくさん参加しています。

NSOでは主に以下の活動を行います。

  • シャーロットタウン(プリンスエドワード島の州都)の観光案内
  • 大学キャンパス内の案内
  • 鬼ごっこ、ダンスなどのレクリエーション
  • 食事会

特にレクリエーションは全体を4つくらいになる様にグループ分けを行い、チームで競い合うような遊びもあります。

このレクリエーションでやる事は、まず「アジア人」と仲良くなることです。かなり多くの新入生を見かけると思うので、勇気を出して日本人ぽい人や、中国、韓国出身っぽい人がいれば「Where are you from?」と声をかけて話しかけてみましょう。

異国の地で不安なのは貴方だけではありません。ましてや母国語でない言語を話す人たちに囲まれるのは非常に心細いです。このような状況で出会う人たちとは強い結束力を発揮するので、ここでの出会いは留学生活で活かされます。

それに、アジア系の人に話しかける方がハードルは低いと思います。人種差別をするつもりはありませんが、慣れ親しんだ系統の顔はやはり安心感があります。また、英語を第2言語としているので非常に聞き取りやすいです。ネイティブの爆速英語とは大違い。

海外にいて心細いとは思いますが、ずっと心細いままでいたくなければ勇気を出して声をかけましょう!

チャンス2 大学寮

大学寮に住む場合、おそらく殆どの人はシェアルームになると思います。そうなると、ルームメイトとしてランダムで誰かと一緒になるのです。

これはチャンスでもあり、場合に寄っては順風満帆な留学生活の終わりになります…。

若干禿太郎
若干禿太郎

えっ…どういうことや…

ハーゲル
ハーゲル

それはね…

私のルームメイトは現地の人で、普通に良い人でした。ちょっと英語がわからないとこは教えてくれたり、親切な人だったんです。

しかし、2ヶ月頃から時々部屋から変な匂いがするようになり、「なんか暖房が故障でもしたのかな?」と思っていたのですが、なんと原因はルームメイトが麻薬を吸っている時の残り香でした…

若干禿太郎
若干禿太郎

どうやら大学の友人に勧められて始めたようでした。麻薬の残り香でも吸うと効果があるようなので、私はルームメイトになるべく外で吸うように言い、それ以降はあまり関わらなくなってしまいました。

また、ルームメイトがしょっちゅうその友達を部屋に連れてきるので、会いたくないがために私は部屋で過ごす時間よりも図書館やカフェで過ごす時間が長かったと思います。

私の他にもやばいルームメイトを持った友人は何人かおり、しかしルームメイトなのでどうすることもできずに辛そうにしていました。このようにルームメイトによっては最悪の留学生活となってしまうのです。

しかし!中にはルームメイトと大親友になった人もいます。趣味や食事の好みが合い、一緒に買い物やお出かけを繰り返していくうちにずっと一緒にいる親友になったそうです。海外で親友が作れるなんて非常に羨ましいですね…!

ルームメイトはどのような人がいいか、寮を申請するときにいろいろ条件をつけられるのですが、私はいろんな人とか変わりたいからタバコ吸う人以外なら誰でも良いやと適当に申請してしまいました。その結果がこれです。別に悪くはないのですが、今回はたまたまルームメイトが麻薬にハマってしまいました。

本当にいい人に巡り会うこともあるのでなんとも言えませんね。ルームメイトはひたすら良い人が来るように祈りましょう。

チャンス3 授業

授業はレクチャーを受けるだけの場所ではなく、意外にも友達を作るチャンスがある場所です。

授業の初回は日本と同じようにイントロダクションだけやって終わる授業もあるのですが、中には受講生通し自己紹介する機会を設けてくれる授業もあります。

この時に自己紹介をした後、さりげなく「Facebook教えて」とか「WhatsApp教えて」言って友達登録しておきましょう。留学生に親切な人は多く、授業の課題や授業内容など分からないところを聞けば色々教えてくれます。そうしているうちに結構仲良くなれるのです!

授業だけの関わりから、私生活での関わりまで発展させられたなら完璧です。


以上、3点の機会を紹介いたしました。留学中に作った友達は非常に心強い仲間になるので、是非授業中にも友達作りを意識しましょう!

この記事を読んでいるあなたの留学が上手くいくことを祈っています。

カナダ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ハーゲルをフォローする
スポンサーリンク
ハーゲルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました