10代以下で薄毛に悩む人は2.8%! 若ハゲに悩み始めたときにとるべき行動一覧!

【カナダ留学】留学費用はどれくらい?約1年間留学して使った全費用を細かく公開!

カナダ
スポンサーリンク

大学生から留学を始める時、友達と離れてしまうことや、無事4年で卒業できるかなど様々な事を心配します。しかし数ある心配事の中でも、断トツに多いのが「金銭面」での問題です。

まともに稼ぐことのできない学生の身分で長期留学に行く場合、親の支援なしでは留学に行くことは難しいです。そのため、国の物価や生活費などを十分検討した上で留学先を選ぶ人が多いと思います。

その時に一番参考にしたいのは実際の体験談です。つまり、実際に行ってみた人がどれくらいお金を使用したかということですね。

私はカナダのプリンスエドワードアイランド大学に約1年間留学した身として、1年間で使用した金額の内訳を書いていきますので、カナダ留学する人や、プリンスエドワードアイランド大学に留学したい人は是非参考にしていただけると幸いです。

また、国の奨学金で留学に行きたい場合は「トビタテ留学JAPAN」という奨学金が日本で一番お金を支援してくれる奨学金ですので、奨学金制度の終わらないうちに応募してみてください!

スポンサーリンク

約1年間の留学で使ったお金の内訳

まず、先に言っておくと私は交換留学で1年間留学したため、留学中の授業料は自分の大学に納めていました。交換留学のほとんどはそういう形態を取っていると思いますが、授業料については国立大学、私立大学で大きく変わるので、授業料抜きの金額でお金の内訳を記載します。

全体

まず結論をさっさと知りたい方へ!

私がカナダ留学、正確には9ヶ月で使用したお金は130万円です。この金額は、授業料を抜いて、カナダでの【準備費】【生活費】【寮費】【娯楽費】【教材費】を合計した金額です。これからその内訳を細かく書いていきます!

準備費

学生ビザ発行¥12,000
往復の飛行機代¥220,000
その他(お菓子、小物、お土産等)¥10,000
合計¥242,000

準備費用で1番痛かったのは渡航費です。北米はめちゃ高いですね…。留学が9月からだったのですが、日本は丁度夏休みシーズンなのでかなりチケットが高い時です。

また、半年以上留学する人は学生ビザの発行が必須なのでお金が少しかかります。2019年から生体認証も行わなければいけないので、これから留学を考えている人は生体認証登録用にプラス¥7000くらい必要ですのでご注意ください!

大きなキャリーバッグがもともと家にあったので新しく購入する必要がなくてラッキーでした。そのかわり、出発前に必要になりそうな小物は色々買い揃えていきました!大したものは買ってないので¥10000くらいで済みましたね。ルームメイトへのお土産も適当に買っておきました笑

寮費

1学期の寮費(朝・昼・夜の食事付き)¥380,000
合計(2学期分)¥760,000

私は留学中はずっと大学寮に住んでいました。この寮費は食堂利用権とセットの値段で、1学期(約4ヶ月)の間食堂が使い放題です。バイキングのようなもので、好きな時に好きなだけ食べられます。

更に寮は光熱費込みの値段で、尚且つWi-Fiもあります。冬の寒さの厳しいカナダで暖房は必須なので光熱費を気にしなくてもいいのは超助かりますね。私はもうガンガン暖房効かせてました笑

留学中、約2学期(約8ヶ月)の間在学していたので、寮費は合計で76万円かかりました。

生活費

冬休みの間の食費¥20,000
合計¥20,000

実は、寮でほとんど全ての生活が整うのでそれ以外でかかる生活費はほぼゼロ円です。

しかし、カナダの冬休みの間約2週間は食堂が開いていないのでその間は自分で料理を作ったり、お店にいってご飯を食べたりしていました。高々2週間ですが、冬休みを良いことにお菓子やお酒を結構購入したので少しお金を使い過ぎた感じはありますね…。

休みの間は特に旅行はせず、寮の中でのんびり友人とゲームしたり、友達の家に遊びに行ったりしました。外はマイナス20度もある極寒なのでわざわざ外に行く気はあまり起きませんでしたね…。

教材費

教科書¥20,000
ノート、消しゴムなど¥1,000
合計¥21,000

授業によっては教科書の購入を推奨しているところがあります。義務ではなかったのですが、留学生だからという理由で勉強に遅れを取るのが嫌だったので、部屋で勉強するために購入。1冊約1万円の教科書を2冊買いました。

更に、留学中にノートや消しゴム、ペンなどの雑貨も少し買いましたね。授業は基本的にiPadやパソコンで取っていたのですが、フィールドワークに行く時や移動教室の際にメモのような形で書けるノートがあると便利でした。

娯楽費

旅行1¥30,000
旅行2¥55,000
旅行3¥23,000
旅行4¥25,000
旅行5¥70,000
嗜好品(お菓子・お酒)¥50,000
衣服など¥20,000
合計¥273,000

せっかくの留学なのでとにかく旅行には行きました。上に書いてある旅行は一泊以上のものです。旅行ではなるべく節約するように、レンタカー代と宿泊費はとにかく1番安いプランを探して選んだので結構お金は抑えられました。

最後の旅行5は、約3週間知人の家でホームステイをしながらウロウロ観光していました。宿泊費は掛からなかったのですが、食費や観光費が結構かかりましたね。

あと日常的にお菓子を買ったり、休日にお酒を買ったりしていたので嗜好品に使ったお金はまあまああります。これでも多分他の学生よりかは節約したほうだと思うんですけどね…。何よりお酒が高いです。

まとめ

ということで合計約130万円の出費の内訳でした。私は旅行費用をかなり節約したので結構安く済んだと思います。せっかくの留学でケチケチしたくはありませんでしたが、格安で旅行できる方法を見つけるとかなりお得な感じがしてそれはそれで楽しかったです笑

また、カナダはアメリカにも近いので、留学終わりにアメリカで遊んで帰る人もかなりいます。そうなるともっと娯楽費はかかりますね。

生活費を一番安く済ませるなら自炊が1番なのですが、私は料理が面倒だったのと、自炊する時間が勿体なく感じたので普通に食堂を利用することに決めました。寮の食事はいつも美味しいわけではありませんし、自炊よりかはお金がかかりますが、そこそこ満足でしたね。

基本的な生活費はカナダのどこでもあまり変わらないと思うので、この体験を参考にしていただければ幸いです。また、これからカナダ旅行についても記事を書いていきますので、是非見ていただければ幸いです。

カナダ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ハーゲルをフォローする
スポンサーリンク
ハーゲルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました