10代以下で薄毛に悩む人は2.8%! 若ハゲに悩み始めたときにとるべき行動一覧!

【カナダ留学】プリンスエドワードアイランド大学留学への道《留学ビザ、eTA、生体認証編》

カナダ
スポンサーリンク
ハーゲル
ハーゲル

こんにちは!学生ブロガーのハーゲルです。

留学を決めた後の最難関の手続きが留学ビザ取得です。

私もここに1年留学する前は、学生ビザ(Study Permit)を取得する際に色々な人にわからない部分を聞いたり、様々なサイトを調べました。情報を一箇所にまとめて欲しい…と切実に思ったものです。

この記事はカナダ留学する人にとって共通する部分も多いと思いますが、特にプリンスエドワードアイランド大学に行く人の助けになるようにお伝えします。

学生ビザ(Study Permit)で留学をする方は、ビザ申請完了から発行までに2ヶ月以上かかることもありますのでなるべく早いうちに準備を開始しましょう。

スポンサーリンク

6ヶ月以下の留学

まず最初にはっきり断言すると6ヶ月以下の留学で、日本国籍を所持している人はビザは必要ありません。

それは、日本国籍を持つ方々には「観光目的となる一時滞在についてのビザ取得が免除」されているからです。故にカナダの「滞在身分(Status)」は「訪問者(Visitor)」扱いになりますが、この状態で短期留学は可能です。

6ヶ月以下の留学をする方は事前準備が結構楽なので安心してください!

ステップ1 入学許可証を申請する!

申請の詳しいやり方はこちらの記事に書いています。その他必要手続きについてもいろいろ書いていますので是非参考にしてください!

ステップ2 eTA(電子渡航認証)を申請しよう

eTA (電子渡航認証) とは、インターネット上で事前にパスポート情報や渡航情報を登録する認証システムです。カナダでは2016年に導入され、日本から渡航する人はeTAのオンライン申請が義務付けられています。

事前に必要なもの

1.パスポート
2.メールアドレス
3.申請料7カナダドルを払えるクレジットカード

詳しい申請解説はこちらの記事が一番わかりやすいと思ったのでご紹介いたします。

eTA申請の詳しい解説を見る

eTAは申請するだけでOKです。申請が完了したらそれ以上は何もしなくても問題ありません。以上のステップだけで留学は可能です。あとは個々人で必要な事を行いましょう。

6ヶ月以上の留学

半年以上の留学になると手続きの難易度が一気に上がります。アルバイトなど就労につく予定がないなら学生ビザ(Study Permit)を取得してください。一応この学生ビザ(Study Permit)で働くことは可能ですが、色々と制限はあります。ここでは割愛。

ステップ1 入学許可証を申請する

6ヶ月以下の留学と同じです。こちらの記事を参考にしてください!

ステップ2 学生ビザを取得しよう

学生ビザを取得すると、自動的にeTAにも登録されます。eTAへの直接の登録は不要です。

事前に必要なもの

  1. IMM1294 e Application for a Study Permit made outside of Canada
    オンラインの書類です。Googleで【IMM1294 e Application for a Study Permit made outside of Canada】と検索すれば出てきます。ドキュメントがひらけない場合、Adobe Reader(無い方は無料でインストールできるのでして下さい)で開けば大丈夫です。これを記入するにあたって必要なものはございませんので早いうちに記入しちゃいましょう。詳しい手順は以下で説明します。
  2. 英文残高証明書
    親の口座、自分の口座どちらでも構いません。口座のある銀行で発行してもらってください。6ヶ月以上の長期留学の場合、口座残高が少ないと学生ビザが発行してもらえない可能性がありますのでご注意ください。口座のお金がどうしても足りない場合は一時的にお金を貸してもらって残高証明書を発行することも可能です。私がその例で、親からお金を借りて自分の講座を一時的に80万円程にしました。明確に幾らないといけないという基準があるわけではないのが怖いところです。ただ、「長期留学で必要になる生活費の証明」という意味合いが大きいので、期間にもよりますがやはり80万〜あれば良いのかなと思います。もっと少なくても学生ビザ貰えたという人もいますが、ビザは申請から発行までに非常に時間がかかるため、一回でも却下されたら留学が間に合わなくなります。このようなリスクを考えると英文残高証明書はしっかり口座を潤してから発行した方がいいでしょう。
  3. 入学許可証
    ステップ1で入手した入学許可証(letter of acceptance)を使用します。
  4. 既定のサイズの顔写真
  5. Passport顔写真のあるページ
  6. 250$支払えるクレジットカード

学生ビザ申請の詳しい解説は全てこちらに載っています。私も非常にお世話になったサイトですので是非ご利用ください。ビザ申請完了まで一つ一つのステップが丁寧に解説してあります。

学生ビザ申請の詳しい解説を見る

学生ビザは申請完了から発行まで2ヶ月以上かかることがあります。申請時にはミスのないよう、また余裕を持って申請できるようにしてください。

また、学生ビザは申請完了からしばらくしたら申請を受諾された旨のメッセージが届きますが、それでビザが発行されるわけではありません。申請受諾後、学生ビザ引換証がダウンロードできるようになるので、それを印刷して大事に保管し、留学当日カナダに持っていきましょう。カナダの空港に到着後、入国する際に学生ビザと交換してもらえます。

つまり…当日ビザに不備があった場合に入国できないので本当にしっかりミスのないよう、また学生ビザ引換券を忘れないようにしてください。

ステップ3 バイオメトリクス登録をする

2019年度から、カナダに学生ビザ、ワーキングホリデービザを申請する際に、精度の高い入国管理を行うため指紋の提供が義務付けられました。この指紋を提供する手続きをバイオメトリックス(個人識別情報、生体認証)と呼びます。  

面倒な事に、現在は日本国内にバイオメトリックスを申請できる場所が東京に1ヶ所しかありません。なので遠くに住んでいる方でも一度は東京へ行く必要があります。 また、この認証は1度登録すれば10年間有効となります。

こんな面倒な申請作ったらカナダ留学のハードル上がりますよね…でも政府の決定なので仕方がないです。

生体認証の詳しい解説を見る

学生ビザ申請完了後、30日以内に(Biometric Instruction Letter)が届いた事をメールで伝えられますので、ビザ申請画面から手続きを行います。詳しい解説は上のボタンから解説記事へと飛びますのでご覧ください。

終わりに

わかりやすい申請方法の例として他サイトの記事を紹介させて頂きましたが、記事が少し古く、若干わかりにくい部分があるかもしれません。しかし、申請に必要な書類や申請方法などは変わっておりませんのでご安心ください。

カナダ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ハーゲルをフォローする
スポンサーリンク
ハーゲルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました